Spirited Away
〜千と千尋の神隠しアメリカ公開〜

 

[DVD/吹替/劇場公開/批評/興収/グッズ/その他]

ビデオ&DVD

ディズニーよりビデオとDVDが2003年4月15日に発売されました。

  • リジョンコード1(米国・カナダ以外では視聴不可能)、NTSC
  • ワイドスクリーン、ドルビーディジタル5.1
  • $29.99
  • 2ディスクセット
  • 日本語、英語、フランス語音声(フランス語のみDD2.0)
  • 英語字幕(日本語オリジナルを翻訳した字幕)
  • クローズドキャプション(英語吹き替え版を字幕にしたもの)
  • ASIN: B00005JLEU
  • 絵コンテ、ジョン・ラセターによる映画の紹介、声優の紹介、日本語版の予告編

また、ビデオは英語音声収録、ワイドスクリーンで$19.99。

 

ビデオ、DVDのカバー


吹き替え

予告・クリップ@Yahoo.com

英語吹き替え版の製作(翻訳と吹き替えの監修)に当たるJohn Lasseter(「トイ・ストーリー」などの監督)は宮崎アニメのファンとして知られており、「これまでで最も素晴らしいアニメーション映画の一つ。大好きです。この驚異的な作品の守護者であることが私の仕事」とコメントしています。

英語吹き替え版は、Don Ernst(ファンタジア2000のプロデューサー)がプロデューサー、Kirk Wise(「美女と野獣」「アトランティス」の監督)が監督しました。Kirk Wiseも宮崎監督のファンとして知られています。

Animation World Magazineによる吹き替え版の脚本家Hewitt夫妻のインタビューによれば、字幕版を元にアメリカ人にもわかりやすいようにと3週間で書かれた脚本は、Lasseterとのテレビ会議やジブリとのやりとりを何度か経てOKが出たのだとか。

吹き替え版の出来はなかなかよいようです。大幅な改変もないようですが、最後の自動車で去っていくシーンに「(新しい学校でも)大丈夫よ、お父さん」というような千尋のセリフがつけくわわっています。

 

  • 声の出演

    • 千尋: Daveigh Chase (「A.I.」のチャイルド・シンガー、リロ&スティッチのリロ役)
    • ハク:Jason Marsden (TVシリーズ「フルハウス」のネルソン役)
    • 釜爺:David Ogden Stiers (ディズニー「美女と野獣」のナレーター&コグズワース役)
    • 湯婆婆&銭婆:Suzanne Pleshette (ヒッチコックの「鳥」のアニー・ヘイワース役)
    • 千尋の母:Lauren Holly (TVシリーズ「シカゴホープ」のDr.ジェレミー・ハンロン役)
    • 千尋の父:Michael Chiklis
    • リン:Susan Egan (「ギャラクシークエスト」のTeek役)
    • 父役(または兄役?):John Ratzenberger (「トイストーリー」のハム役、TVシリーズ「チアーズ」のクリフ役)

劇場公開

Spirited Away(神隠し)というタイトルで、2002年9月10日7:00pmより、ハリウッドのEl Capitan劇場でプレミア上映されました。この上映には宮崎監督や鈴木プロデューサーも参加し、会場では質疑応答コーナーもありました。

Anime Touristによるイベントのレポート写真
Black Moonによるプレス対象の質疑応答レポート
helterskeletorによるイベントのレポートと写真

El Capitanはディズニーの所有する映画館で、座席数千、DLP上映設備など最新鋭の映像・音響設備の整った劇場です。

2002年9月20日にニューヨークとロスアンゼルスほか10都市で公開後、順次全国で公開されました。公開劇場リストはこちら

英語吹き替え版のほか、上映館は限られましたが英語字幕版も公開されました。

 

  • レーティング

「怖いモンスターがでてくるため」MPAAよりPGのレーティングを受けています。(Gは誰が見ても大丈夫な映画、PGは子供には向かない内容が含まれているかもしれないので親が気をつける必要がある映画、PG-13は13歳以下の子供には不適切かもしれない内容が含まれているので親が気をつける必要がある映画です。
「もののけ姫」はPG-13、「E.T.」はPGです。MPAAのレーティングに関してより詳しい話はこちらに)

 

  • 関連リンク


批評

新聞・雑誌などの批評を集めたサイト、Rotten Tomatoによると、2004年6月現在、145中142(98%)が好意的な批評となっています。特に影響力の高い有力メディアの批評においては、100%が好意的な批評となっています。

全国の有力新聞・雑誌などの批評のスコアを加重平均したMetacriticでは、100点満点中98点を得ています。Metacriticによると、Spirited Awayは2002年の映画の中でもっとも批評家の評価が高かった映画であり、歴代(古い映画はデータがない場合もあるそうですが)でも2位となっています。

Yahoo.comの映画ページでは批評家、ユーザーともにA−の評価となっています。

  • 受賞

ベルリン国際映画祭金熊賞、アカデミー賞長編アニメーション映画部門、アニー賞アニメーション映画賞、監督賞、脚本賞、音楽賞、NY映画批評家連盟アニメーション映画賞など様々な賞を受賞しています。また、NY TimesやLA Times始め、多くの新聞や雑誌で2002年のNo.1映画、あるいはベスト10のうちの一本に選出されています。

詳しくは受賞リスト@Nausicaa.net。

また、全米SF作家協会により、映像部門で2003年のヒューゴ賞に、脚本部門でネビュラ賞にノミネートされています。(どちらも「ロードオブザリング二つの塔」が受賞しました)。


興行収入

米国およびカナダでの興行収入は以下の通り

 

週末興収 

順位

上映館数

一館平均興収 

公開日数

累計興収 

920-22、2002

$449,839

18

26

$17,302

3

$449,839

9月27-19

$527,719

17

53

$9,956

10

$1,110,559

10月4-6

$611,047

15

97

$6,299

17

$1,855,297

10月11-13

$634,901

19

138

$4,600

24

$2,668,591

10月18-20

$519,252

20

151

$3,438

31

$3,424,435

公開第一週は、上映館が少なかったため全体の順位は18位でしたが、一館あたりの興行成績ではその週に公開された映画の中で第一位でした。

その後、アカデミー受賞効果もあってロングランとなり(受賞後全米711館で再公開となりました)、2003年9月1日現在の累計興行収入は$10,049,886となっています。
詳しい興行収入のデータはこちら

 

  • DVD売上

2003年5月10日付ビルボード誌のチャートで、Spirited Awayのビデオは4位、DVDは6位にそれぞれランクされました。またディズニーによると、2003年の4/1〜4/9のディズニーDVDの売上でSpirited Awayは一位(ビデオでは二位)でした。

Amazonの2003年度のDVD売上ランキングでは32位にランクされています。一方、批評家によるDVDランキングでは14位にランクされています。

icv2.comによると、VideoScanのデータではSpirited AwayのDVDは2003年6月の時点で25万本を売り上げたそうで、通常VideoScanは市場の60%をカバーしている事から、40万本以上の売り上げだったのではと推測しています。


関連グッズ

Viz Communicationsから関連本が出版されています。
フィルムコミック1−5(各9.95ドル)、
The Art of Spirited Away(34.95ドル)、
絵本(19.95ドル)の三種類です。

Milan Recordsがサントラアルバムを2002年9月10日に発売。$17.98


イベント、映画祭など

2002年9月15日、ピクサーアニメーションスタジオにおいて、「千と千尋」のチャリティ上映会が開かれました。宮崎監督、鈴木プロデューサー、吹き替え版の監修も担当したピクサーのJohn Lasseter監督、「トイストーリー」や「千と千尋」でも声優を努めたJohn Ratzenbergerが参加し、230人ほどの参加者がレセプション、質疑応答、映画の上映、ピクサーやジブリグッズやセル画のオークションを楽しみました。

このイベントは若年糖尿病研究財団をサポートするためのもので、収益金14万ドル強が財団に寄付されました。

若年糖尿病研究財団ベイエリア支部によるレポート
N no Animeによるイベントレポート写真

また、サンフランシスコ国際映画祭において、「千と千尋」の英語字幕版が2002年4月21日と22日に上映されました。
上映後にはジブリの鈴木プロデューサー、海外事業本部のスティーブ・アルパート氏、ピクサーのジョン・ラセター監督による質疑応答がありました。

 


米国以外での公開

フランスでの千と千尋ページ

韓国での千と千尋ページ